カツピチの暇つぶしブログ(鉄道、バス路線編)

趣味や暇つぶしで訪れた写真の記録。

[59]暇つぶしにマジェスティSで奥多摩駅~丹波山 バス路線 その41(絶対不思議廃集落その10 タバスキー家族とイノ助とカツピチ戦意消失)

いきなり、古新聞探究の会 会長モモ助登場

 

モモ助が言うことニャー  (マンチカン猫 8歳)

😺カツピチ、カツピチ、カツピチ~

👦なんだ、なんだ、なんだってんだよ~

😺前回投稿した、廃村で拾った新聞その9での読者様のコメントで、

軽免許で乗れる三輪トラックの王者と言うのが話題になってたニャン、

何のことニャー。

 

前回投稿した記事

👦これのことだな、ジフテリア集団発生の記事の下にあった文章だ。

😺本当だニャー、吾輩は気がつかなかったニャン。

👦俺は、ぜんぜん気にも留めなかった。

😺カツピチ、それで三輪トラックの王者とは、なにニャン

👦実は、廃村で拾った新聞シリーズの第一発目(その1)で紹介して

いたんだ。 まだモモ助が会長になる前だから知らないと思うけど。

 

廃村で拾った新聞を読んでみる その1で紹介したもの

👦モモ助、これだ。

😺かっちょいいニャン、今これに乗ってたら目立つニャン。

👦2サイクル、350cc、15馬力ちなみに俺のマジェスティSは、4サイクル、155cc、

15馬力です。

😺軽免許で乗れるって書いてあるけど、カツピチの免許と違うのかニャン。

👦ちょっと、調べて見たら、昔に360cc以下の自動車免許があったそうだ、

でも今は360cc以下の自動車は売ってないからもう使えないよね。

 

ホープスター広告 SY2型

👦モモ助、広告見つけたぞ、新聞の絵とは違って実物写真だ。

😺お~いいニャン、いいニャン。

読者様が、欄外の文章を見つけてくれたおかげでいいもの見れたニャン、

ありがとうニャン。

👦さて、本題に入ろうな。

 

奥多駅~丹波山村のバス停を訪れた記録です。

 

次の行先は、絶対不思議集落その10~絶対不思議集落その10とうことで、

スプライトの廃屋を後にします。

 

スプライトの廃屋

👦なんか、いろいろと不思議な廃屋だったな。

😽楽しかったニャン、でもなんか、心に引っかかるものがニャン。

👦モモ助もそう思うか、なんか俺も心が重たい感じだ。

 

姫が言うことニャー  (ノルウェージャンフォレスト猫) 10歳

*姫の生い立ちは番外編 暇つぶしにある猫の話(廃屋に残された可哀そうな猫)をご覧下さい。

👻精霊の木から 攻めてきている丘の間は、時空と時空の狭間の空間なんだわニャン。

と言っても限りなくこちらの時空に近い空間だわニャン。

👦おいおい、姫が訳の分からないこと言ってるぞ。

😸訳の分からないこと言ってるニャン。

👻時空には宇宙線と言うものがあり、同じ土地(空間)にも いくつもの世界が存在

するんだわニャン。

👦おいおい、さらにトンチンカンなことを言ってるぞ、大丈夫か。

😺トンチンカンだニャン。

👻あたいは、完全に隣の時空間へは、入れなかったけど挟間に少し入った感じがした

んだわニャン、オーブもたくさん見えたし色んな声も聞こえたニャン。

👦確かに姫にはオーブが、その場で見えていたし少女の時計の声も感じていたなぁ、

白ダルマもそうだ。

👻そうだわニャン、こちら時空間と隣の時空間の間、でも限りなくこちらに近い空間

に あの廃屋は、存在しているんだわニャン。

👦そうなのか❓ 確かに廃屋を離れた途端に心が重たい感じだ、時空とやらが変化した

からなのか

😽吾輩も何か重たいニャン。

👦なんかなぁ~ 次に行こう。

 

*カツピチ一行は、重たい何かを心に残し、スプライトの廃屋を後にするのであった。

 

タバスキー

😾コンニャロ、また黄色いヤツがいるニャン。

👦こんな廃集落にもタバスキーは居るんだな。

😾コンニャロ、生意気だニャン。

👻モモ助、なに怒っているだわニャン。

👦山梨県に入ってから、よく見かけるんだけど、何故かモモ助は気に入らない

らしい。

👻タバスキー可愛いだわニャン。

😾可愛くないニャン、あっちこっちに居て、邪魔だニャン。

👦モモ助、あんまりタバスキーをいじめるなよ。

 

ママスキー

🧡モモ助ちゃん
😾なんニャ、なんニャー、今度は赤いヤツが出てきたニャン。

👦お母さんじゃないの、ママスキーっていうところか。

😾子供の喧嘩に親が出るとは、卑怯だニャン。

👦お前、猫年齢から言えば、じじいだろ。

😾卑怯だニャン、卑怯だニャン、卑怯だニャン。

👦そのうちに、お父さんも出てくるぞ。

😾そんな、都合良く親父に出て来られてたまるかニャン。

 

パパスキー

💙モモ助くん。

🐱ヤバい、オヤジだニャン。

👦あっモモ助、隠れた。

 

モモ助が言うことニャー  (マンチカン猫 8歳)

😿家族で来られちゃ吾輩が負けだニャン。

👦何が負けたのか、よくわからねぇな。

 

家の土台か

👦家の土台と残骸だな、建物は無くなっているけど、ここでも生活が

あったんだな。

🐱〇〇こちゃんの家より古いのかニャー。

👻昭和初期の建物だわニャン。

👦戦前だな。

😿家族が暮らしていたんだニャン。

 

カツピチさん、危ない逃げて。

👦なに

😾カツピチ早く逃げるニャー

👦なに、なに

👻カツピチ、危ない、逃げるだわニャン。

👦だから、なんだってんだよ。

えっ、わ~、ひぇ~。

 

イノ助

👦なんだ、あの野郎、突っ込んで来やがった、危ねかったぁ~

🐱豚かニャン。

👻野豚だわニャン。

👦あいつは、豚なのか

カツピチさん、あれはイノ助です、この辺を暴れ回っているイノシシです。

大丈夫でしたか、怪我はないですか

👦大丈夫だ、みんなが早く気付いてくれたから寸前で避けれたよ。

タバスキーもアリガトな。

しかし、あんなヤツがふらついているのかぁ~もう疲れたよ。

😸👻カツピチ、怪我しなくてよかったニャン。

👦チョット休もうよ。

 

川へ通じる道

👦川に降りれそうだ。

😺行ってみるニャン。

👦綺麗な所だなぁ。

👻空気もきれいだわニャン。

 

運命の橋

👦あの橋、渡らなければよかったなぁ~。

🐱なんでニャー。

👦あの橋、渡らなければ、もうとっくにバス路線の終点に着いてるよな。

そして気持ちを新たに、次はどこに行こうかなんて考えたり、ひょっと

したら、新たな旅と冒険をしていたかもしれない。運命の橋だなあれは。

😸でも、楽しかったニャン。

👦俺は、姫が言うように隣の時空間に片足を突っ込んだ感じで疲れた

ぞ、おまけにイノ助に襲われるし。

👻いろんな、古いものを見たり、不思議なこともあって楽しかっただわニャン。

 

👦さてと、あの橋を渡って、この空間から おさらばしよう、次のバス停に

出発だ~。

😾カツピチ、なんか忘れてないかニャン、一番大切なことニャン。

👦なんのことぉ~。

😾カツピチ、とぼけてるニャン、この集落に来た時に何で不思議集落と言ったの

か覚えてないのかニャン。

👦覚えてましぇ~ん。

😾じゃぁ、教えてやるニャン、こんな小さな集落に25mプールが あったからニャン

、それでカツピチは、メインは後回しにして先に周囲を探索すると決めたニャン。

👦カツピチという人が、そんなこと言ってたの、へぇ~、でもその人きっと疲れ

ているんだ、戦意消失しているんだ。

😾カツピチ、何をバカなこと言っているニャン。

👻カツピチ、頑張るだわニャン。

 

😾読者のみなさ~ん、カツピチは、この集落探索の

メインイベントを放棄して逃げようとしてるニャン、

なんとか言って下さいニャン。

 

 

今日の暇つぶしはここ迄

 

次の行先は、絶対不思議集落その11~絶対不思議集落その11